映画「フルメタル・ジャケット」を見た感想。

こんにちは、タカキヨウです。

今回は、タカキヨウが映画「フルメタル・ジャケット」を見た感想を書いていきたいと思います。

フルメタル・ジャケット

監督

スタンリー・キューブリック

制作年

1987年(アメリカ)

キャスト

マシュー・モディーン アダム・ボールドウィン ヴィンセント・ドノフリオ R・リー・アーメイ ドリアン・ヘアウッド アーリス・ハワード

あらすじ

明確に二部に分かれたストーリー構成で、一部は、海兵隊訓練所での過酷で残酷なストーリーで、第二部は、彼らのベトナムでの行動が写されている。

感想

・狂気がすごい、、、

出ました。キューブリック。やっぱり、キューブリックの作品はどれをとっても、独特な狂気があって素晴らしいです。

狂気を作る天才なんでしょう。

この映画も狂気なところは多いです。

しかし、戦争映画と知っていて見たので、思っていたより、狂気的な部分が少なかったな〜という印象です。

一部は、海兵隊訓練所の話で、ハートマン先任軍曹の指導のもとで、殴る、蹴るは当たり前の、徹底的な罵倒と責の中、落ちこぼれだったレナードが成長していき、最終的には、射撃で高い評価を得るが過酷な訓練で精神がおかしくなってしまい、卒業式の夜にハートマン先任軍曹を射殺した後に、自ら命を絶つ物語。

完全なる狂気、、、

瞬きができませんでした笑

第二部の話の安心感は逆に怖かったです。

情婦から始まり、友と再開し、友と戦争に出て、友が死んで、友を殺したやつを殺すという物語。

第二部はなんかほっこりしていて安心感があり、いつまた狂気がくるのかとビクビクしていたのですが、結局大きな衝撃はなかったです。

なので、この映画の見所は第一部にあるのかもしれません。

・場面の切り替わりがすごい。

この映画は、第二部に分かれていると最初に言いましたが、二つとも関連ついていつのですが、内容が全く違っていて、違う映画を見ているような感覚になりました。

キューブリックのこういうところもすごいな〜と思います。

・軍隊映画なのにユーモアがある。

キューブリックの作品で軍隊映画なのに、この映画にはユーモアもたくさん潜んでいるのです。

笑ってしまうようなところがたくさんありました。

第一部では、落ちこぼれのレナードがやらかしたミスなどは面白かったです。

しかし、それが原因でレナードは軍隊でいじめられるようになり、その仕返しで最後の夜に変貌してしまったのだと思います。

第二部では、主人公のジョーカーが報道部員に入団しているので、朗らかなチームメイトとのトークや、のんびりした雰囲気などは安心感があり、ユーモアがあり面白かったです。

しかし、途中から、戦争が本格的に始まり、ジョーカーも第一部の友であるカウボーイと再開を果たし、戦に出て、カウボーイが殺され、そのカウボーイを殺した犯人を殺そうとして、犯人を見つけ出したのですが、犯人は少女。ジョーカーは、その少女を冷淡に殺し、この映画が終わりました。

いやー、面白かった。

キューブリックの作品の中で5番目くらいに面白かった。

皆さんも見てみてください。

以上です。ありがとうございました。

by タカキヨウ

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。