今の時代、先生なんて「ネット」で十分。

こんにちは、タカキヨウです。

今の時代、先生なんて、「ネット」で十分。

僕たちは小さい頃から、先人の人達に多くの事を教わり成長をしてきた。

小学生、中学生、高校生の頃は一番身近な、学校の先生や塾の先生から、いろいろな事をリアルで教わり、大学生や社会人になると、バイトや職場の先輩などが直々のメンターとなり、リアルで教わるようになる。

今まで、何気なく行われてきたこの「リアル」で教わるという行為。

これが今の時代、変わりつつあるのだ。

今回はそのことについて話していきたいと思う。

インターネットの発達で教わり方が変わってきた。

インターネットが発達してきてから、リアルで教わるという行為から、オンライン塾や、オンラインサロン。もはや、youtubeなどで、自分が勉強したい分野について学ぶことができるようになった。

そっちの方が教える側も、一回の音声録音や動画作成だけで、不特定多数の人達にノウハウをレクチャーできるようになり、効率がとても良い。

教わる側も、時間に左右されることなく、ネット環境があれば、勉強ができるようになり、時間配分などを自分で成形することができ、自分中心の生活を手に入れることができる。

どっちにもメリットが多い。

確かに、リアルで教わるメリットも大きい。

しかし、確かにリアルで教わるということのメリットもある、それは、疑問に対してのレスポンスが早いということだろう。

ネットの場合、不特定多数の人が見ているので、勉強する場合、疑問に対してのレスポンスが遅いということは免れないだろう。

それに比べて、リアルで教わる場合は、人から人に伝えるので、疑問に対してのレスポンスは早い。

あと、リアルで教わる方が、深いところまで知るのが早いという点もある。

ワンツーマンの場合などは特にそうなんだが、やっぱり上達スピードが早い。

その物事の本質をポッと知れる可能性も大きい。

でも、やっぱりインターネット。

でも、僕はやっぱり、ネットを「先生」にすることをお勧めする。

ネットには大量の有益情報が転がっている。

しかも、それらのほとんどは、無料で公開されている。

こんなこと現実世界であり得るだろうか。

もし、リアルで有益な情報を教えるにしても、講習料、授業料などのお金が発生するだろう。

無料で有益情報をゲットできるという、今まではあり得なかったことが当たり前になってきたのだ。

僕は、自分の気になる分野の勉強をぼぼ、youtubeだけで勉強することができ、毎日勉強に励んでいる。

もう、リアルな世界で、先生やメンターと呼ばれるような人は必要ないのだ。

ネットだけで完結できる。

しかし、それと同時にネットには間違った答えもたくさん転がっている。

間違った情報を信じてはいけない。

ネット社会では、それを判断する力も必要なのだ。

投資の世界では、9割の人間が負けていると言われている。

しかし、ツイッターやネット上には、多くの自称勝ち組投資家が存在していて、それそれが情報を発信している。

おそらく、みんながみんな勝っている訳はないだろう。

負けているのに勝っているフリをして、情報発信し続け、その情報で稼いでいる人も中にはいるだろう。

情弱ビジネスだ。無知な奴が多いから情弱ビジネスは存在する。

てか、ネットビジネスの多くは、この情弱ビジネスに値するんじゃないかな。

話が逸れてしまったが、僕の言いたいことは、ネットには、間違った情報も多いけど、それを判断する力があるなら、ネットを「先生」にした方が完全に効率が良いから、みんなもそうした方が良いよってこと。

以上です。ありがとうございました。

by タカキヨウ

 

 

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。