「恋人」なんて作る人間は全員弱い人間です。

こんにちは、タカキヨウです。

 

ネガティブは決して悪いことではない。

「恋人」なんて作る人間は全員弱い人間です。

え?じゃあ、ほんとんどの人が弱い人間じゃんって?

そうなんです。僕も含め、恋人ができた事がある人は弱い人間だったのです。

理由は簡単です。

感情に負けているからです。

人間の本能的な部分は、子孫を多く残したいというものがあります。

これは本能なので、性行為をしたくなるのはしょうがないです。

でも、それに付き合う(恋人)になる必要はあるかと考えると、僕は全くもって必要ないと思います。

結婚という制度自体は、子供の親権の問題などもあってまぁあってもいいかなと思うのですが、「彼氏」「彼女」「恋人」というものの存在の意味が僕にはわからない。

「恋人」という関係は法的に守られていないのにもかかわらず、大体はなんらかのルールというものがあります。

恋人以外の他の人とは性行為をしてはいけない。遊んでもいけない、話してもいけない。

そのルールは恋人達によって様々です。

恋人なんてなんの意味があるのでしょうか?あっても感情的に癒されるというだけで、感情に支配されると、それを失う怖さだったり、行動が制限される可能性だってあります。感情に依存するということは、感情に支配され、感情に振り回されるということです。良いことなんてありません。

恋人とは、そんな関係なのです。良い意味がある様に思えて、結果的には「損」しかないのです。

虫や、文明の進化が遅い民族達を見てみて下さい。

恋人なんて、制度あるでしょうか?

ないです。結婚という制度がない生物だってあります。

本質的に「恋人」というものは、時代の進化と共に作り出されたもので、本来はいらないものなのです。

だから、僕は「彼女が欲しいな〜」「彼氏が欲しい」という人間達の発言を聞いてとても違和感を覚えます。

恋人を手に入れて何をしたいんだろ?って思っちゃいます。

性行為をしたいのか?それとも、感情的に依存をしたいのか?

人間の本能である性行為をしたいんだったら、「恋人が欲しいな〜」という発言よりも「セックスがしたいな〜」という発言の方が適切だと思いますし、そんなにしたいんだったら、そういうお店に行けば良い。

人間である以上、したくなるのはしょうがないのでいいのですが、その本心を隠すための「彼氏欲しい・彼女欲しい」という発言には人間が進化と共に作り出した、恥じらい、羞恥心という意味が含まれていて、なんか、違和感を覚えます。もっと隠さず本能出して生きていこうよ!って思います。というか、本能を出して生きた方が楽しいです。

もう一つの、感情的に依存したいという人達は、結果的に人生が楽しくない人達だと思います。

まず、感情に依存するということは、不幸なことなんだと気がついていない点に問題があり、その理由は、感情的に生きると、そりゃー幸せなことも、不幸なことも沢山あります。

その中の感情の力関係を見ると、幸せな感情よりも不幸な感情の方が何十倍もパワーが強いのです。

幸せな瞬間って一瞬で終わっちゃうけど、不幸な時って一生続く様な感じに思いますよね。

だから、感情の波が大きい人というのはネガティブな気持ちを抱えながら生きている人が多いのです。

人間的な優しさで言うんだったら、「本能的に生きていて幸せそうな人じゃなく」「その場のテンション(感情的に生きている人)」が近くにいたら、できるだけ優しくし接したが良い。

でも、優しくすると、またその人は感情に依存してしまう。そして、結局あなたが離れたら、その人は、また違う優しくしてくれる人を見つけない限り、不幸のどん底で生きることになる。幸せな感情が足りないから。

だから、僕は、人間的な優しさは、一見素晴らしいものに見えて、感情的に生きる人間を苦しめる最悪な「毒薬」だと思っています。

そういう、感情的に生きる人達を見たら、もっと本能で生きて、感情なんて無視した方がいいよと言うのが最善のアドバイスだと思うのですが、人間には「感情で生きる人」「理論で生きる人」「本能で生きる人」「哲学で生きる人」と大きく分けて4パターンの人間がいて、全ては最初の遺伝子で大体は決まっているので、「感情で生きている人」に対して「哲学や理論」のアドバイスをしても全く理解ができないと思います。遺伝子的に。だから、そういった感情的な人たちは、もう諦めて、優しく接するのが、その人達にとって最善の方法なのかもしれません。

話が、すごくそれてしまいましたが、僕は以上の理由で、恋人はいらないと思っています。

僕も、中学生の頃は感情的に生きていました。だから、感情に振り回され、喜怒哀楽が大きかったです。

ですが、高校生にもなり、今、20歳になり、自分の哲学がどんどん発達していき、僕は、今哲学的に生きています。

僕は、感情で生きる人たちの気持ちも分かります。だから、言いたい。感情で生きるのはやめたほうが良いと。

僕は、哲学的に生きているので、毎日が楽しいです。どんな不幸なことがあっても、僕は、ネガティブに捉えることができません。その不幸なことでさえ楽しいと思えるのです。

みなさんが、感情に支配されない生き方を出来ることを望んでいます。

以上です。ありがとうございました。

by タカキヨウ

 

 

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。