人の為に生きる人なんていない。皆自分の為に生きている。

こんにちは、タカキヨウです。

生きる。

人は誰の為に生きるのか?

自分の為?人の為?

そんなの、答えは決まっている。

so.人は皆自分の為に生きている。

「違う!俺は(私は)人の為に生きているんだ!」と言い返したい人もいるでしょう。

でも、それは違います。本当は、人の為に生きている人なんてこの世界に誰1人もいません。

でもそれは、皆が自己中心的な考え方であるのとはちょっと違くて、人の為にしてあげたって事が、最終的には自分の為になっているのです。

例えば、彼氏が、彼女にプレゼントをあげたとしましょう。

一般的には、彼氏は、彼女の為に、喜んでもらえるようにプレゼントをあげたとと考えるでしょう。

彼女の為を思っている良い彼氏だと。

でも、これは結果的に彼氏の幸せに繋がっています。

物を与え、喜ばれることによって、得られる彼氏の幸せ。

結局、彼氏物を与える→彼女喜ぶ→彼氏嬉しい→彼氏幸せとなっているのです。

では、次は、佐藤さんが鈴木さんの命を助け、佐藤さんが代わりに亡くなったことを考えてみましょう。

佐藤さんはある日、山を歩いていました。

そうすると、餓死しそうな鈴木さんを見つけます。

佐藤さんは、言います。

「私はもう、よく生きた。だから私の代わりにこの食材を、食べて生き残ってくれ。」と

(なんだこのトルストイ的な流れ)

鈴木さんは、佐藤さんの言葉に甘え、食材を食べて、生き残ります。

その代わりに、佐藤さんは餓死しました。

このことから、佐藤さんは最後に鈴木さんを使って、自分の幸せを果たし、亡くなったと考えることができます。

鈴木さんに生きて欲しいという欲求を果たして亡くなったのです。

結局、このようにどんなことも、自分のこうなって、欲しいという欲求で、相手に何かを与えたり、何かをしてあげたりするのです。

全ての人間は自分の為に日々を生きているのです。

他人の為に生きている人なんていません。

もう、皆さんも、思い切って、人生は全て自分の為なんだと思って生きましょう。

小賢しく、「他人の為を思って〜」なんてのはいりません。

清々しく生きましょう。清々しく。

天台宗の最澄の言葉。

自利利他。

「自利」自分の利益のこと。

「利他」他人の利益になるように図ること。

「他人の利益になるようなことをしてあげれば、それはいずれ、自分に返ってくる。」

という言葉。仏教の教えです。

なんか僕の言いたいこととはちょっと違う考え方ですが、こんな言葉もあるので紹介しておきました。

以上です。ありがとうございました。

by タカキヨウ

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。