映画「バルスーズ」を見た感想。

こんにちは、タカキヨウです。

今回は、映画「バルスーズ」を見た感想を書いていきたいと思います。

映画

バルスーズ

公開日

1974年(フランス)

監督

ベルトラン・ブリエ

キャスト

ジェラール・ドパルデュー パトリック・ドヴェール ミウ=ミウ ジャンヌ・ピエル ジャック・シャイユー ブリジット・フォッセー イザベル・ユペール

あらすじ

2人の不良少年の奇想天外な生き方を描くぶっ飛びコメディー映画。

 

時代を感じる青春映画。

この映画は、1974年のフランス映画。もう50年近く前の映画になります。

このくらい古い映画も時々見るのですが、見たときの率直な感想としては、「あー、生きてるのって幸せだな〜」と思いました。と同時に、現在の日本の治安の良さに安心と不安を感じました。

この映画に似てるな〜と思ったのは、1977年公開のイタリア映画「ヒッチハイク」です。

この映画は、2人の夫婦と1人のヒッチハイク男の話ですが、なんか雰囲気が似ていて懐かしいな〜ともいました。

話を戻し、この「バルバース」という映画は、時代を感じる青春映画です。

1974年のぶっ飛んだ価値観、いまでは考えられないような事柄がたくさん起こり、その中で喧嘩もしながら一緒に人生を進めていくジャン・クロードとピエロと売り女として出会ったマリー・アンジュの青春ストーリー。

快楽 復習 SEX   銃 自殺 SEXな映画です。

色々ありすぎて面白い。

この映画、本当に色々なぶっ飛んだ事が起きます。

車を盗み、金タマを銃で撃たれ、そこから始まる本能だけの理性を無視した人生。

面白いなぁと、今の時代こんな生活をしている人達はいるのかぁ?と考えてしまう。

僕が、知らないだけで、この世界には、まだこんな生活をしている人達もいるのかもしれない。

そんな事を考えながらワクワクしながら見られる映画。

なんか、性的な描写が嫌いだったり、残酷な描写が嫌いだったら見ない方が良いと思う。

後腐れ悪いから。まぁ、そんなの嫌いだったら、見ようとも思わないと思うけど。

なかなかのマニアックな映画です。

思考回路がヤバイ。

やっぱこの手の映画の登場人物達は、思考回路が飛んでるな〜と思います。

こんな、隔離をされてきた島国日本で暮らしていると、みんなおんなじ様な生き方、考え方になりがちです。

そんな考え方に、ムチを打つ様に、中和剤の役割をしてくれる主人公達の考え方。

もっと、自由に本能的に生きようと思える映画。

よかったです。面白さは星3.5くらい。

皆さんもみて見て下さい。

以上です。ありがとうございました。

by タカキヨウ

 

 

最新情報をチェックしよう!
>僕が働く美容室。

僕が働く美容室。

「生」を実感しながら日々意識的に生きる姿は、その人自身だけでなく、周りにも生き生きとした波動を伝え、幸せを与えることを、私たちは知っています。 その喜びのきっかけを、このサロンを通してお手伝いしたい。それが私たちツイギーの願いです。 そのために、一人ひとりに合わせたパーソナルなメニューをご提案できるよう、ヘアスタイル、ヘアカラー、ヘッドスパ を追求してきたスペシャリストたちがここには集まっています。「生きているあいだじゅう、元気で美しい」。そんな生き方に繋がる場所にTWIGGY. がなれればと思うのです。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。