タトゥーを入れたい人必見!正直後悔はするのか?しないのか?

こんにちは、タカキヨウです。

タトゥーを入れたい人必見!正直後悔はするのか?しないのか?

さて、皆さん、今回は「タトゥー」のお話です。

これを見に来ているということは、「タトゥーを入れてみたい。」「タトゥーに興味がある。」「タトゥーなんか入れる奴の気が知りたい。」と、少しでも、タトゥーに対して関心がある人達だと思います。

そんな、人達へ。

タトゥーは後悔するのか?

これは、タトゥーを入れたい人達にとって、一番の悩みどころなんじゃないでしょうか。

正直に言います。

タトゥーは、、、、、、、、、、、、、後悔しません。多分。笑

僕は、タトゥーが入っていますが、一度も後悔したことはありません。困ったこともありません。

でも、それは、僕の職業柄、住んでいる地域、周りの環境のこともあると思います。

なので、細かく、タトゥーのことについて、僕の考察を書いていきたいと思います。

何故タトゥーを入れたのか。

まず、僕自身が何故タトゥーを入れたのか。

それは、単純に「かっこいいし、アートが好きだったから」です。笑

軽いですね。笑 まぁ、タトゥーに強い思い入れなんて邪魔ですからね。

そんな、タトゥーに対して思い入れを持つから、後悔しちゃうんです。

強い感情は、振り幅がデカイですからね。

タトゥーは痛いのか?

タトゥーはまぁ、痛みはあります。場所によって痛みも変わります。1cmずれるだけで痛みが変わるんです。

しかし、我慢できないほどではありません。注射の方が何倍も痛いですし、レーザー脱毛の方が何十倍も痛いです。笑

なので、痛みの問題で躊躇しているんだとしたら、安心してください。

大丈夫です。楽勝です。

タトゥーを入れてからの日常生活は?

タトゥーを入れてからの日常生活の変化は、あまりないですね。笑

強いて言えば、職場の人達にダサいってからかわれた事ぐらいですかね。笑

ネタになったんで僕は良かったですけど。

住んでいる場所は、東京だし、外国人の方も多いので、タトゥー入れている方も比例して多いです。

なので、普通に銭湯にも入れます。背中一面に鯉の刺青が入った方も、サウナで隣になったこともあります。

地域別のタトゥー事情。

僕は、地方出身だし、日本全国ほぼ行った事あるので、地方の事もわかりますが、地方はタトゥーが入っている人はやはり少なかったです。

なので、地方住みの方々や、年配の方々は、タトゥーに対して抵抗を持つ方も多いかもしれません。

多分、地方の方だと、銭湯に入れないことや、プールに入れない可能性もあると思います。

職業別のタトゥー事情。

職業別では、美容関係、服飾関係、クリエイティブ業の方々はやはりタトゥーが入っている事が多いです。

それに比べて、企業の社長さんだったり、営業職、事務職、いわゆる「スーツ職」の方々はタトゥー入っている方は少なかったです。見えないだけかもしれませんがね。

見えないところに入れている方は、以外といるかもしれません。

タトゥーを入れても良い人。ダメな人。

地方に住んでいる方は、これからもずっと地方で生活をするのか、それとも上京をするのか、それによって、タトゥーを入れることの意味の大きさは変わると思うので、もし、そのまま地方生活するんだとしたら、あまり、見えるところにガツンと入れてしまうのは、あなたの人生に影響を与えてしまう可能性が高いと思います。

後は、職業問題です。

もし、ガツンと見えるところに入れたいんだとしたら

クリエイティブ業ならまぁ許されると思いますし。

サラリーマンではキツイと思います。

でも、見えないところなんだとしたら、都会住みなら全然良いと思います。

しかし、タトゥーを入れて、「損」なことはあり得ますが、「得」な事はあまりありません。

完全に自己満足です。僕は、自己満足は、とても大事なことなので、良いと思いますが、別に自己満足とかどうでも良いと思っていたり、タトゥーを入れたいと思っている期間がまだ短かったり、いまいちデザインが決まらない。って方は後悔すると思うので、辞めましょう。

まぁ、結局は、クリエイティブ業以外の人はタトゥーを入れないほうが良い。というか、安全。なのかもしれません。

以上です。ありがとうございました。

by タカキヨウ

 

 

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。