「規制やルール」をもっと愛そう。

こんにちは、タカキヨウです。

「規制やルール」をもっと愛そう。

複雑な家庭環境で育った子は必ず「グレる」のか?

僕は、思います。人間はもっともっと「規制」というものを愛さなくちゃいけないんじゃないのかなって。

正直、いろいろな規制やルールがあるからこそ、その中でとことんやるのが面白くなるんじゃないのかなって。

全てが自由ってなんだか味気なくてつまらないなって。

まぁ、僕たちが生活している世界は、「法律」という規制・ルールで守られているので、全てが自由なんてことは無いんですけどね。笑

人の物は取ってはいけないし、人の物は壊しちゃいけないし、人は殺めちゃいけない。

日本には、そういうルールがある。だからみんな、そんな簡単に、取らないし壊さないし殺さない。

そのおかげで、皆わりかし幸せに生きていけている。

ルールに守られながら。本来、規制やルールってそういう何かを「守る」ものだと思うんです。

なんだかみんな「規制やルール」を嫌う。

でも、何故か人間って「規制やルール」には反発したくなる生き物なんですよね。

特に子供なんて、典型的な「ルール嫌い人間」ですよね。

 

勉強しなさい!
嫌だ!
○○時には帰って来なさい!
嫌だ!
挨拶をしなさい!
嫌だ!
こんな感じの会話よくあったんではないでしょうか。
全てのルールに反したくなる期間。
そして、年齢が上がっていって社会人になっても、会社には出勤時間というものがあり、ノロマというものがあり、目上の人に対しての礼儀があり、作法があり、法律があり、税金を支払う義務があり、考えてみると、全ての人が沢山のルールに縛られて生きているのです。
でも、大人になっていく過程で、多くの人が、理性や自制心、諦めの気持ちなどが強くなっていき、ルールというものを受け入れやすくなっていきます。
ですが、最近、本音で、本心で生きている人たちが目につくようになって来ました。
「会社に行くのが嫌なら辞めよう!」「嫌なことなんて一切するな!」「社畜にはなるな!」
みたいな感じの人達に影響されて、本音で、本心で生きようとする人達。
僕は思います。「人には得意・不得意があるって。」
誰かがルールを破ったら、誰かがその分ルールを守らなくちゃいけないし、誰かが自由に生きたら、誰かが縛られながら生きなくちゃいけないのです。
そして、自由に生きるのが得意な人と、縛られながら生きるのが得意な人達がいるのです。
だから、皆が、フリーランスになったり、起業して成功するのはのは不可能ですし、
人は、それぞれ役割というものがある程度決まっているのです。
そこそこ人生経験がある方ならわかるんじゃないでしょうか?
自分の役割というものが。

「規制やルール」は生きやすくなる為のもの。

話は戻りますが

貴方は、何故、規制やルールが存在すると思いますか?

それは、皆がある程度平等に生きやすくなる為です。

弱いものは、ルールに守られ、強いものは、ルールが邪魔かもしれない。

しかし、ルールがあると中央値によりやすくなるのです。皆が平等に近づくのです。

だから、皆が、ルールに反発する必要はないのです。

「規制やルール」は丸ごと全て愛しちゃうって生き方もアリなんじゃない?

この世の中には、権力がものを言ったり、理不尽なことだったり、気に食わないことが沢山あります。

人によって感じ方は様々ですが、皆が何かしらの不満を持って生きていると思います。

それらをいちいち飲み会などで愚痴っても意味はありますか?その不満は改善されますか?

ならば、いっその事、その不満、愛してみてはどうですか?

先ほど、述べたように、人には役割というものあります。

役割にあった生き方をしてみてはどうですか?

この世の全ての不満は、「考え方」で必ず解消されます。

考え方を変えるだけで、悩みはなくなるのです。

最後に聞きます。

「貴方はルールを嫌える人間ですか?」

「それなら、ルールを愛してみてはどうですか?」

by タカキヨウ

 

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。