確実に人生観を変える本。「異常快楽殺人」

こんにちは、タカキヨウです。

確実に人生観を変える本。「異常快楽殺人」

冒険家志望の若者が、角幡唯介の「新・冒険論」を解説します。

世の中には、人生を変えてしまう程の内容の「本」存在する。

僕も、今まである程度の本を読んできたが、一つだけ群を抜いて衝撃的だったと同時に一番大好きな本がある。

それは「平山夢明」の「異常快楽殺人」だ。

これは、ノンフィクションであり実在する「シリアルキラー」達の幼少期から犯行に至るまで、その後がリアルな描写で描かれている。

本気で心が弱い方は読まない方が良いかもしれないレベル。というか途中で読むのを止めるかもしれない。

まぁ、語るよりも読んで欲しいので、軽く紹介をしていきたいと思う。

異常快楽殺人

沢山の「シリアルキラー」達

人の数だけ、善人の数は増えるのと同時に、悪人の数も増え、その凶悪度も増しになる事は想像できるだろう。

僕たちの感覚では理解のできない人間が存在する事も当然だ。

どうしてその思考回路になったのか。

本書に出てくる「シリアルキラー」達に共通する事は「幼少期に問題がある」という事であり、まだ世の中に出て間もない、心が柔らかい時にできた心の傷は、大人になっても治らないという事が多いのだろう。

幼少期の傷が深ければ深いほど、凶悪な犯罪を冒している確率も高い。

まぁ、どっちにしても後天的な事であって防げる可能性はあったし、その膨大なエネルギーを違うことに使用していたら、、、と思うと、惜しくも思う。

想像過程ができる。

本書を読むと「シリアルキラー製造過程」がある程度わかるようになる。

日常生活では全く必要のない知識かもしれない。

しかし、こういった人間もいるという認識は持っておいた方が良い。

常時、他人は理解できないものであって、人それぞれの考え方がある。

現に、本書に出てくる人物でも、仕事中などの日常生活では、いたって普通の人として生活している人がほとんどだ。

貴方の近くにいる人ももしかしたら「シリアルキラー」の素質を持っているかもしれない。

ストレートな描写。

本書は非常にストレートだ。

何も隠すことなくありのままを描写する。

だから、面白い。

他の本にはない臨場感がある。

グロいのが好きだったり、衝撃的なストーリーが好きな人は是非読んでみてほしい。

必ず、大好きな小説の一つになる事だろう。

以上です。ありがとうございました。

by タカキヨウ

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>僕が働く美容室。

僕が働く美容室。

「生」を実感しながら日々意識的に生きる姿は、その人自身だけでなく、周りにも生き生きとした波動を伝え、幸せを与えることを、私たちは知っています。 その喜びのきっかけを、このサロンを通してお手伝いしたい。それが私たちツイギーの願いです。 そのために、一人ひとりに合わせたパーソナルなメニューをご提案できるよう、ヘアスタイル、ヘアカラー、ヘッドスパ を追求してきたスペシャリストたちがここには集まっています。「生きているあいだじゅう、元気で美しい」。そんな生き方に繋がる場所にTWIGGY. がなれればと思うのです。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。