「人脈、人脈」とか言ってる人ほど無能。

こんにちは、タカキヨウです。

「人脈、人脈」とか言ってる人ほど無能。

「人生の合理化」で日常は変わる。

よくいますよね。「人脈、人脈」とかよく言ってる人。

確かにね、「人脈」っていざという時必要だったり、助けになったりします。

しかし、90%以上の「人脈」は不必要なものだと僕は思います。

だから、そんな、「人脈作り」に励むよりも、自分のスキルを高めたりする時間の方が大事だと思います。

みんな、同レベルの人たちで「人脈」を作って戯れて、結局何も成長してないのに、共感力で成長した気になっているんです。

「人脈」を作るんだったら、「自分より上のレベル」の人達とつるんだ方が良いです。

しかし、上の人達からしたら、下の人達と関わる必要はほぼありません。だからよっぽど突起したものや、相手側のステージまで登り積めないまでは相手にされません。

だから、そんな「同レベル」の人達と戯れて「人脈、人脈、大事、大事」とか呪文の様に言ってる暇があるんだったら、自分のスキルを磨いたり、どうしたら自分が成長できるか考え行動する時間にした方が良いと思います。

「人脈の重要性」

90%以上の人脈はいらないです。

では、人脈はゼロで良いのか?

そう言われると、必要性はゼロでは無いと思います。

残りの10%ほどの人脈を上手く見極めて手に入れることが重要なのです。

上質な人脈の定義は簡単で、「人間的に自分よりも優れている人」ということ、

抽象的な回答かもしれませんか、人間的に優れている人は物事の本質を掴むのが早く、分野の上達も早いので「人間的に自分より優れている人」は必ず上質な人脈となります。

これと反対に、「ある一定の分野は優れているけど人間力の低い人」

これは、人脈として必要ありません。こういう人達は結局後で落ちるので、、、

まぁ、「人間力」の見極めですね。

自分の見る目がないと「人間力が高いと思っていた人が実は低かったり」「人間力が低いと思っていた人が実はそう見せているだけだったり」の判断ミスをしてしまいます。

常日頃から、人間をよく観察していればこれを見極める力は必ず養われます。

今の自分には何ができるのか。

後は、今の自分には何ができるかを真剣に考えることです。

人脈を考えずに自分の力で戦うにはどうするのか。

これは、今自分ができることやPRなどを、言葉にして自分にでもプレゼンをしてみると分かりやすいです。

今まで気がつかなかったことに気が付ける可能性もあります。

ある程度までいくと人脈なんてあっちから寄ってくる。

ある程度のレベルまでいくと、人脈なんてあっちから寄ってきます。

だから、それまでは自分の力を鍛えるためにひたすら突っ走った方が良いんじゃないでしょうか。

そっちの方が、効率が良く、人生の良いステージに上がっていけるような気がします。

以上です。ありがとうございました。

by タカキヨウ

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>僕が働く美容室。

僕が働く美容室。

「生」を実感しながら日々意識的に生きる姿は、その人自身だけでなく、周りにも生き生きとした波動を伝え、幸せを与えることを、私たちは知っています。 その喜びのきっかけを、このサロンを通してお手伝いしたい。それが私たちツイギーの願いです。 そのために、一人ひとりに合わせたパーソナルなメニューをご提案できるよう、ヘアスタイル、ヘアカラー、ヘッドスパ を追求してきたスペシャリストたちがここには集まっています。「生きているあいだじゅう、元気で美しい」。そんな生き方に繋がる場所にTWIGGY. がなれればと思うのです。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。