YouTubeチャンネル開設!国民一人一人が自分のメディアを持つ時代。

こんにちは、タカキヨウ です。

Youtubeチャンネル開設!国民一人一人が自分のメディアを持つ時代。

「ナンパしたいけど恥ずかしくてできない!」って人がナンパできるようになる記事。

はい、タカキヨウはYoutubeチャンネル開設いたしました。

やる やらないは別として開設いたしました。

やらないなら意味がないって?

まぁ、そうなんだけど。僕としては、このサイトの方が愛情があるわけで、Youtubeの方が波に乗っていて伸びやすいのは分かっているんだけど、どちらかというと、動画作る時間があったら、記事を書く時間にあてたいわけであって、

とてもかるーい気持ちでチャンネル作ってみた。

だけど、僕がチャンネルを作ったのは、これが初めてではなくて約6年前。

中学生だった僕は、ワクワクすることが大好きで、ネットが大好きだった。

だから、当然の流れで、僕はYoutubeチャンネルを作った。

そして、動画を企画し、人を集め、撮影し、友達に編集してもらって、動画をアップロードしまくった。

広告は友達一人一人、友達の保護者一人一人だった。

よく中学生にしてこんなPDCAサイクル回してたな〜と今になって感心する。

今から6年前なんか動画投稿している人なんてあんまりいなくて、だから、自分の周りでちょっと有名になってきて、動画を投稿すると、色々な反応がコンスタントに起こるようになった。

アンチコメントも普通のコメントも、すごく嬉しかった。何より反応があることが嬉しかった。

だが、そんなのも束の間、市の教育委員会に僕のチャンネルがバレて「動画を全部消してください。」と、

僕のYoutuber時代はあっけなく幕を閉じた。

そして今回は、「youtube」のように自分のメディアを持つことの重要性について述べていきたいと思う。

貴方は、ネット上の名刺を持っているか?

大体のビジネスマンなら、初対面の人と会う時には「名刺交換」をするだろう。

僕は、こういう人なんですよっていうのを分かってもらう為に。

しかし、現実の世界では出会う人は限られている。ただただリアルな世界で名刺を配り続けていても、自分へ認知度は急激には上がらない。

では、ネットではどうだろうか。

インターネットは不特定多数の人が毎日利用している。

そこに、自分の情報が他人にリーチ出来たらどうだろうか。

ネット上に自分の媒体があるということは「ネット上で名刺を配りまくっている」ということなのだ。

その分、自分の価値も可能性も増えるだろう。

だから僕は、今の時代、国民一人一人が自分のメディア、媒体を持つことを勧める。

インスタでもいい、ツイッターでも、Webサイトでも、youtubeでも、何か一つでも「ビジネス」として媒体を持った方が良いと僕は考えている。

広告サービスに頼らなくてもよくなる。

貴方の自己PRは足りているか?

自分の媒体を持ち、それを成長させれば、広告サービスなどに依存しなくても、自分をアピールすることができる。

これは、個人で特化したスキルを持っている場合にはとても重要になってくる。

広告費は本気で侮れない、、、

貴方の中に眠っている情報や、企画はないか?

後は、貴方の中に眠っている貴重な情報や企画を、アウトプットしていこうよということで。

誰しも、その人しか経験していない希少体験を持っていて、それに基づいて、それぞれ異なった価値観を持っている。

自分では、無益な情報かと思っているかもしれない。

しかし、この日本には、その情報を求めている人は必ずいると言っても過言ではない。

そして、それを言葉で表現したいなら「ウェブサイト」を作れば良いし、動画で、話したり、企画を打ちたければ「youtube」をやれば良い。

どんどん周りを巻き込みながら、情報発信したり、企画を打ったりすると意外とうまくいくもんなんです。

国民一人一人が自分のメディアを持つ。

これらの事も含めて、僕は今回youtubeを始めた。

このブログでは「言葉」で表現して

youtubeでは「動画」で表現していきたいと思っている。

「個」の時代を制するためにするべきことはたくさんある。

以上です。ありがとうございました。

by タカキヨウ

 

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。