お金を「具体化」しないで生きる。

こんにちは、タカキヨウです。

お金を「具体化」しないで生きる。

副業で1円を稼ぐ方法。について言いたい。

僕思うんですよね〜、みんなお金を「具体的」に考えすぎてて、「お金」というものに支配されているな〜と。

もっとライトに、ただの数値にしてしまえばいいのにって思うんですよね。

そうすれば、無駄な消費も減らせると思うんだけどなぁ。

確かに、具体的にお金のことを考えるのは、資金管理ということであってとても重要なことです。

しかし、お金って考えれば考えるほど、使いたくなるし、少ないって思っちゃうんです。

それが人間の欲望というものです。

理性が強い人は、具体的に処理をしても良いのですが、お金に対してすごく理性が働く人なんてあまりいません。

みんなよく使うし、よく嘆きます。

お金を「具体化」するな!!!

お金は感情を狂わす。

お金に感情が支配されると、感情を狂わし、理性を狂わし、信用を壊し、友人を無くし、プライドを壊し、なんか不幸っぽい人生になる事はみんなよく知っていますよね?

お金は、この資本主義の世界ではとても重要な役割を持っています。

だからみんな、お金に支配されます。お金によって正確な意思決定が出来なくなります。

それは、お金のことを「具体的」に考えすぎているのです。

もっとお金は「抽象的」に考えても良いものなのです。

僕がお金に左右されなくなった理由。

ちなみに僕はお金にあまり支配されていません。

それは、物質的欲望よりも、行動的欲望や精神的欲望の方が強いからです。

あれが欲しい!って欲しいって感情よりも、あれがしたい!って感情の方が強いのです。

行動的欲求や精神的欲求に必ずしもお金は必要ではありません。

そして、もう一つ僕がお金に支配されなくなった理由に

「投資」をやり始めたことがあります。

投資は、お金を「具体化」させないのです。お金をお金と考えると感情に負けて良い取引ができないのです。

うまく損切りができなかったり、うまく利食いができなくなるのです。

お金は、とても抽象的なものであり、ただの数値でしかないのです。

だから今では、「余剰金を投資に回す」というよりも「余剰金を生活費に回す」という生活をしています。

そして僕は気が付いたのです「お金は要素にすぎない」ということに。

お金は、一番じゃ無いのです。

人生の、それぞれのブロックの中の、ただの一つの要素にすぎないのです。

一つ要素がどれだけ鮮やかでも、ブロック全体で考えると、その変化とても微々たるものなのです。

「無い物は無い。」

「余剰金で生活」をすると、裕福はできません。

物欲なんて、何も解消されません。でも「無い物は無い」のです。

僕は、お金をただの数値としか考えていないので、お金に感情的になることはないですし、支配されることもありません。

投資金を下すことはありません。だって、それは、ただの数値だから。

具体的なものを、マインドコントロールして、抽象的なものに変換させるのです。

お金なんて無くても大丈夫。

実際「お金なんて無くても大丈夫です。」

いやいや、お金は必要でしょ。

なんでですか?何に使うのですか?

家賃ですか?携帯代ですか?交際費ですか?

そんなの最小限に抑えれば、月4万くらいでしょう。

それ以外の費用の全ては「物欲」なのです。物欲なんて消せば良いじゃないですか。

言ってしまえば、家を借りることも物欲であるし、携帯を持つことも物欲なのです。

だから、それらは抑えることができるのです。

お金は「生きる上」で必ずしも必要ではないのです。

お金なんて無くても十分幸せに生きていけます。

お金はただの要素にしかすぎないのです。

以上です。ありがとうございました。

by タカキヨウ

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。