「ウーバーイーツ配達員」が勝者になる理由。

こんにちは、タカキヨウです。

「ウーバーイーツ配達員」が勝者になる理由。

「笑顔」の性質。

「Uber Eats 配達員」

東京、その他の大都市では配達員たちの姿は当たり前の光景になっているけど、僕の故郷である「新潟」とかの地方では、まだまだ知らない人も多いんだろうなぁと書きながら思っています。

題名の通り、今回はウーバーイーツの配達員の記事です。

ウーバーイーツ配達員が勝者になる理由。

まぁ、これは、使い方によって異なるから、ここでは、メリットとデメリットについて書いこう。

ウーバーイーツ配達員によるウーバーイーツの考察

メリット

働き方が新しすぎる。

ウーバーイーツ実に新しいです。革命的だと僕は思います。

やれる環境にある人は絶対やって見た方が良いと思います。

なぜ新しいかというと、専門的な能力がなくてもネット上(少しの現実)で単発の仕事を完結できるからです。

そして、その仕事形式の事を「ギグエコノミー」と呼びます。

「ギグエコノミー」は年々増えてきていて、「ランサーズ」などが代表的ですが、これは、ウェブデザインやプログラミング、撮影能力、ライティング能力などの専門的な能力が必要です。

能力がなければ、「タイミー」などの、単発バイトサイトもあるのでこれもオススメです。

しかし、これらの仕事とウーバーイーツ配達員(フリーランスの配達員)はまたちょっと違った畑の仕事だと感じます。

ただただ新しい。

稼げる。

ウーバーイーツは稼げます。

渋谷区、港区なら確実に稼げます。

地方在住で、上京したいとか、俳優目指したいとか、なんか夢を追っている人とかは早く東京来れば良いのにと思います。

普通にやれば月30万は稼げます。

それだけで、ある程度の生活水準は保てるでしょう。

まぁ、これはデメリットでもあるので後で述べます。

楽しい。(途中までは)

後は、楽しいです。(途中までは)

最初は、刺激的なので退屈はしません。

けど、飽きやすい人にとっては、途中からは単純作業の繰り返しなので飽きる事でしょう。

面白い世界を見れる。

ウーバーイーツを利用するお客様は比較的年収が高い人が多く、しかも港区などで配送をしていれば、六本木ヒルズや虎ノ門ヒルズ、芸能人の家などなかなか普通の生活じゃ見れない世界も垣間見ることができます。

(タワマンは、セキュリティーが厳しすぎるので時間がかかってめんどいです。)

気が楽になる。

ウーバーイーツに登録していればいつでも稼げます。

普通の会社員なら、副業でも月10万近くは稼げます。

本業+10万です。

人生イージーモードになります。金がなかったら稼げば良いので。

このマインドはめちゃくちゃ気が楽になるのでオススメです。

今なら招待コード 550FW6 を入力していただければ、1ヶ月以内に50回配達時に2万円の賞金がもらえます。

ウーバーイーツ登録する方はこちら

デメリット

本業にするにはリスクがデカイ。

ウーバーイーツを本業にするにはリスクがデカすぎます。

副業や転職時の少し空いた時間など、少しの稼ぎ口では有能ですが、ウーバーイーツに収入源の大半を依存してしまう様では危険です。

何故なら、ウーバーイーツ配達員をすることによっての能力成長が無いからです。

スキルを伸ばす事は出来ません。時間対効果が低過ぎます。

最近、ウーバーイーツは稼動時の写真撮影で誤って変な写真をとってしまった配達員に対して「永久追放」という形を取っていて、そうなった場合一生ウーバーイーツ配達員をすることはできなくなります。

これは、ウーバーイーツを本業にしていた人の場合は「死刑宣告」と同じ様なレベルでしょう。

だから、僕の考え方としては、この様な「ギグエコノミー的」な働き方は安定性が低いので、何か特定のスキルを持つことが、これからのリスクマネジメントとして良い策になることでしょう。

後は、稼げば稼ぐほど、グーグルのアリゴリズムの影響で依頼が来なくなるという意見もあるので稼ぎすぎは禁物かもしれません。

近未来のアルゴリズムのボスからは〈クビ〉ではなく〈出禁〉にされる!

孤独感。

上司や同僚などがいないというメリットに付随して、孤独感を感じるというデメリットも挙げられます。

これは、続けていればわかることですが、外向的な人にとってはなかなか辛いことでしょう。

バレる。

ウーバーイーツは多くの人の目に触れます。正直目立ちます。

なので、会社員であれば、会社付近などに配達に行く場合も考えられるので、そうした場合「会社にバレる」というデメリットも考えれます。

まぁ、これは、マスクや帽子をして配達すれば真逃れることでしょう。

フード受け渡し時は不信感があるとbadの評価がつく可能性があるので、装着品は外した方が良さそうです。

労働収入。

後は、やはり労働収入だということです。

時給が上がることもなければ、このまま配達員の数が増えれば、インセンティブも少なくなるかもしれません。

いつまでたっても、働いた分の定額しかもらえませんし、なんのスキルも伸ばせません。

なので、ウーバーイーツなんていつ無くなっても大丈夫な収入プランで生活することが正しいと思われます。

本業にする場合は、ウーバーイーツで稼ぎながら、3つくらいのビジネスモデルを持ったり、先見性のある技術習得に励みましょう。

そうした使い方をすれば、ウーバーイーツ配達員は最高の仕事と考えることができます。

それでは、皆さんが稼働をすることを願っています。

ありがとうございました。

by タカキヨウ

今なら招待コード 550FW6 を入力していただければ、1ヶ月以内に50回配達時に2万円の賞金がもらえます。

ウーバーイーツ登録する方はこちら

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。