「スロー」を「クリエイト」する。

こんにちは、タカキヨウです。

「スロー」を「クリエイト」する。

人間は、進化してきました。

どんどん進化して、どんどん発明して、どんどん便利になってきました。どんどんどんどん

そこで、僕は思うんです。

効率化しすぎて、大事なことを忘れていない?って

後、そんなに早く生きて本当に幸せなの?って

このまま、全てが効率化されて行って、なんか味気ない世の中になっちゃうんじゃないかなと思うこの頃。

今回は、そんな20歳の小言を語って行きたいと思います。

ネットのスピード感ハンパねぇ。

確かに、インターネットの発達で、沢山のことが効率化され、便利になり、その分、人間は他のことに時間を使えるようになりました。

インターネットは人類が生み出した、とてつもなく素晴らしい産物だと思います。

インターネットのおかげで、幸せになった人も沢山いると思います。

反対に、インターネットのせいで不幸になった人も沢山いることでしょう。

インターネットは世の中を効率化する事に適しています。便利です。

しかし、物事の本質的な部分は変わっていないのに、選択肢が増えて逆に生きにくいなと感じるときもあります。

例えば、今はもう誰でも発信できる世の中になりました。

僕もその中の1人ですが、ネットでは、沢山の人が、自分の持論を発信しています。

何かを調べても、その回答が、一つや二つじゃなく、20、30、40、いや、それ以上になることが多いネット世界です。

自分がわからないから、調べたのに、こんなのじゃ選択肢が多すぎて結局はもっとわからなくなってしまうということになりかねないです。

後は、インターネットを使った若い起業家なども増え、それに影響されるように、若いうちにキャリアを形成しようとする者も増えました。

僕も、生き急いでしまうタイプなので、若いうちに成功したいだったり、若いうちに金持ちになりたいだったり、思うのは、とても意欲があって素晴らしいことだと思うのですが、起業するに対してのリスクヘッジだったり、考え方がなんか、軽いな〜って(どの口が言ってんだ)

まぁ、なんか、ある一定のビジネスに興味のある20代の若者達って生き急いでんな〜って、もっと、キャリアを構築するって楽しさもあると思うのにな〜って。老害の意見も参考になると思うけどな〜

古い考え方は老害だ。

忙しい人生。

あなたは心に余裕がありますか?働きすぎてはいないですか?そんなに働く必要ありますか?

東京は、特にスピード感が半端ないです。入れ替わりのスピードも半端ないです。

とても心に余裕がある人が多いようには、見えません。

いつも時間に追われているように見えます。

今、「ヤノマミ」という、民族の本を読んでいますが、ヤノマミは普段は他のヤノマミと話したり、遊んだりしてのんびりと暮らしていて、狩りの時と祭りの時だけ働きます。労働時間で考えると現代の人間よりもよっぽど少ないと思います。

しかし、ヤノマミは幸せそうです。皆楽しそうです。

現代人はどうですか?

人間が幸せと感じる本質的な部分は変わらないと思うので、もしかしたら人間は文明が進まない方が幸せだったのかもしれません。

文明が進むにつれ、人間はどんどん忙しくなり、時間に追われ、余裕がなくなって行く。

完全に、現代人には、「スロー」な時間が必要なのです。

「スロー」を「クリエイト」する。

だから、僕は、「スロー」を「クリエイト」することをお勧めします。

どんなに、忙しい人でも、無理にでも、ゆっくりする時間を作ってください。

ゆっくりと、物事を進めてみてください。

それだけで、あなたの人生は必ず良い方向に進むと思います。

普段気がつけなかったことに気がつけるようになると思いますし、幸せを噛み締められるようになるかもしれません。

僕は、意識的に「スロー」な時間を作っています。普通の一般人の人が日常で「スロー」な時間を作るのは、難しいかもしれません。

しかし、できないことはないです。無理にでも作るのです。

その方法で一番良いのが、「野宿」です。

最初のうちは、緊張して、寝れないと思いますが、その時間が、大切な「スロー」の時間にもなり、色々考えることができますし、朝は、真っ向の日差しで早く起きることができるので遅刻の心配もございません。

「スロー」な時間。

皆さんも「時間」というものを、もう一度意識してみてください。

以上です。ありがとうございました。

by タカキヨウ

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>僕が働く美容室。

僕が働く美容室。

「生」を実感しながら日々意識的に生きる姿は、その人自身だけでなく、周りにも生き生きとした波動を伝え、幸せを与えることを、私たちは知っています。 その喜びのきっかけを、このサロンを通してお手伝いしたい。それが私たちツイギーの願いです。 そのために、一人ひとりに合わせたパーソナルなメニューをご提案できるよう、ヘアスタイル、ヘアカラー、ヘッドスパ を追求してきたスペシャリストたちがここには集まっています。「生きているあいだじゅう、元気で美しい」。そんな生き方に繋がる場所にTWIGGY. がなれればと思うのです。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。