通信の美容専門学校に進学する。

美容師になるには美容師免許が必要です。

その為には美容専門学校を卒業しなければなりません。

その美容専門学校の行き方には三通りの方法があります。

昼間夜間通信です。

今回は一番情報量の少ない通信で美容専門学校に行くという事を重点的に話していきたいと思います。

スクーリング

まず根本的な違いとしてスクーリングが違います。

昼間夜間は、ほぼ毎日のスクーリングが2年間あります。

そこで通信はというと年に2ヶ月ほどのスクーリンが3年間あり、そのほかの学習は学校から送られてくるテキストを自分で進めて行くという形になっています。

なので、通信は圧倒的に自由度が高くスクーリングがない期間には、美容師じゃない仕事をして稼ぐのもよし、自分の趣味に費やすのもよし、友達と遊びまくるのもよしとなっていて時間の使い方によってはとても有益なコースとなっています。

しかし、学校によっては美容室勤務をしていないと入学を認めないといった学校もあるので、自分の志望している学校に一度問い合わせて見たほうがいいかもしれません。

学費

次は、学費の問題です。

昼間の場合は、大体250万〜300万円

夜間の場合も大体200万〜300万円

そこで通信の場合、大体50万〜100万円

全然違いますよね・・・

奨学金を借りるという手もありますが、美容専門学校を卒業した21歳の美容師人生のスタートラインで既に200万円程の借金があると思うと、あまりいい気分ではないと思います。

『でも、その借金をバネにして頑張って行くんだ!!!』って方には最高かもしれませんね😆

ここで僕自身が何故美容専門学校の通信教育に進もうと思ったのかをお話ししていきたいと思います。

僕自身も最初は、美容師になろうと思った方々の大半が行く、昼間教育に何も疑問に思わずに進もうと思っていました。そんな時に高校で、奨学金の説明会がありました。僕は奨学金制度を利用しようと思っていたので、その説明会に参加をしました。そして先生から資料が渡されよく目を通して行くと『あれ?これよく考えたらバカ高い金額じゃね??????』と素直に思い、その時僕は投資に興味があったのでそんなお金がもしあるんだとしたら絶対投資に回したほうがいいと思い、奨学金を借りないという選択をしました。でも奨学金なしでこんな学費払えないと悩んでいる時に『あ、そういえば通信があるじゃん!』と思って調べてみると学費も50万くらいでしかもスクーリングが年に二ヶ月ほどだったので自分の趣味の旅もしやすい、『こりゃ〜最高なコースや!』と思い通信教育に進むことになりました。

そして、高校を卒業し、新潟から東京に上京し、チャリで東北を旅し、東京からヒッチハイクで広島原爆ドームを見に行き、おじいちゃんとイタリアを旅して、ちょっと就職してみようと思い現在19歳で東京で美容師のアシスタントをし毎日練習に励み12時過ぎに帰ってきて、それから通信教育のレポートをして他の勉強もして寝て、朝は8時半に出勤をしてまた12時頃まで練習をして、、、っていう生活を送っています。

通信教育は自分で管理をして自分で進めていかなくてはいけません。

なので、自分の意思が強くないと、つづけて行くのが難しいと感じるかも知れません。

でも、それ以上に早く現場に入れるだったりだとかメリットも数え切れないほどあります。

何も考えず、周りと同じような人生の選択をするのは一回やめてみて、自分だけの自分なりの美容師のなり方っていうのを美容専門学校の通信課程で追求してみるのもいいのではないでしょうか?

そうすればきっといい人生が送れると思います。では、みなさん

ご静聴有難うございました。

 

 

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。